ダイエットジムに行っても痩せない?ダイエットジムおすすめの選び方

ダイエット目的でジムに申し込む!健康のため、新年からは早起きしてジムに行ってから会社に行く!

そんな目標を立てた事がある人も多いのではないでしょうか?
反対にジムに行ったけど痩せない!そんな声も聞こえてきます。
ダイエットジムの定義から通うメリットや注意点をご紹介していきます。

ダイエットジムの基本比較

ジムには様々な種類があります。

  1. 完全放置のダイエットジム
  2. トレーナーのいるダイエットジム
  3. 加圧トレーニングなど特徴のあるダイエットジム
  4. 食事指導を含めてダイエットを達成させるジム
  1.放置 2.トレーナー 3.加圧など 4.食事指導
価格帯 安価 普通 高め 高い
機材 普通 充実 特化 特化
モチベーション管理 なし 多少あり あり 手厚いサポート
正しいトレーニング方法 なし あり あり あり

少し追加で言及しますと、1.はここ10年ほどで急速に店舗が増えた24時間オープンの通い放題、トレーナーもあまり干渉してこないタイプのジムです。3.は加圧トレーニングのほか、最近話題のクラブの様な空間で行う暗闇フィットネス(サイクルやボクササイズ)やインターバルトレーニング(HIIT)やクロスフィット(ファンクショナル)トレーニングに特化など、特徴にフォーカスしたメニューを提供するダイエットジムなどがあります。
それぞれに特徴があるように、どのジムがベストかは皆さんの好みもあります。

例えば、トレーナーなどからの干渉がモチベーションの妨げになる人であれば、完全放置型のジムの方がいいでしょうし、最近流行りの暗闇フィットネスやボクササイズのようにエンタメ性の高いジムのほうが飽きが来ずに続けやすい人もいると思います。

これらの好みや特徴を一旦ワキに置いておき、ダイエットジムについてを掘り下げてみましょう!

ダイエットジムの定義とおすすめ

ダイエットジムの定義
ダイエットジムという意味を深掘りしてみると【食事指導まで含めたメニューのあるジム】が適切な定義に当てはまります。

その理由

  1. ダイエット(Diet)という言葉の語源
  2. ダイエットに食生活の変更はほぼ必須
  3. 継続が必須

1.Dietという言葉の語源はWikipediaなどを参照すると「食事療法」を指します。一般的にはダイエットは痩せるとイコールで捉えられていますが、食生活を変えていくことを意味します。

2.食生活を改善せず痩せる事はとても難しいです。
ダイエットといえば運動!食べても運動で痩せる!という決意をする方も多いです。
モチベーションの維持に2つのことを同時に行うより、1つに絞った方が続きやすいという研究結果もあります。
要は【運動】もしくは【食事制限】どちらかに特化したほうがモチベーションは維持しやすいです。
ただ、運動だけを頑張っても痩身という意味でのダイエットは達成しにくいのが現実です。
消費カロリー1000kcalを達成するのは、そこそこの運動時間を必要としますが、摂取カロリーの1000kcalはけっこう簡単に達成できます。
そして、人間は脂肪をエネルギーの貯蔵庫としているため、本来は脂肪を溜め込みたい仕組みになっています。

3.ダイエットといえば短期間(例えば1週間)などで一気に痩せようと思う人も多いです。
急激に痩せるリスクは高く、健康面への影響や骨粗鬆症のリスクを高めるなどの影響がありますが、それだけではありません。
急に痩せることで、痩せにくく太りやすい、リバウンドしやすい体質に繋がります。
ダイエットに取り組む上で2-3ヶ月程度の期間はどうしても必要になります。

結論!

食事指導+ジム(運動)=ダイエットジム

この2つのセットがダイエットジムです。

誰しも運動と食生活の改善と運動をすれば痩せたり、目標の体重に近づけると理解していると思います。
ですが、ダイエットは往々にして失敗します。その理由は、、、、

自己流ダイエットが難しい理由

  1. 適切な食生活の改善がわかりにくい
  2. カロリー計算(GI値/PFCバランス)など細かいチェックは非常に手間がかかる
  3. 運動も適切な量とタイミングがわかりにくい
  4. モチベーション管理が大変
  5. 世の中の沢山の情報に惑わされてしまいがち

1.糖質制限ダイエットというキーワードが話題になることも多く、糖質(甘い物やお米などの主食)は太りやすいという認識をしている人が増えたと思います。ダイエッターから敬遠されがちな糖質ですが、身体には必須の栄養素の一つです。単順に糖質だけを減らした食生活は、甘い物好きには辛いですし、健康を害するリスクも存在しています。単なる我慢でなく上手に甘い物をとる方法もあります。

2.一般的なカロリー計算やGI値(太りにくい食材を指し示す指標)、PFCバランス(Protein/Fat/Carbonの頭文字)を意識した食生活の改善は、健康的で痩せやすい食生活へのヒントとして有用です。その反面、食べたものをしっかりと記録し、カロリー計算や栄養バランスをチェックしていくには、忙しい現代人にはかなりの負担です。

3.どの程度運動したら痩せるのでしょうか?
筋トレをがむしゃらにすればダイエットの目標は達成できるのでしょうか?ジョギングを毎日1時間すれば痩せるのでしょうか?
2−3日の無理ならできる人がほとんどだと思います。ですが、一時的でなく、本質的に健康的に、痩せるには2-3ヶ月程度の期間を必要とします。

毎日無理した運動が続けられるかが、問題になります。
また、いきなり始めた無理な運動は怪我にも繋がりがちです。反対に正しいフォームや効率的なトレーニング方法も存在しています。
これらを全て把握してダイエット目的の運動を行うには十分な経験と知識を身につけるまでに時間を要します。

4.食事と運動両面を適切なボリュームに調節し、2ヶ月程度継続する事ができれば目に見えて体重は減ってくるはずです。
ですがその減量幅は正しいのでしょうか?もっと痩せられる/痩せすぎの可能性もありえます。

ダイエット中は疑心暗鬼にもなりがちです。このトレーニングは必要十分なの?もっと食べる量を減らしたほうがいいんじゃないか?などなどを乗り越え、モチベーションが続くような気持ちの面のケアも必要になります。

5.世の中には多くのダイエット情報が存在しています。
同じことを調べるにしても、雑誌とテレビとインターネットで言っていることが全く違う場合もあります。

私自身、ダイエットや健康関連の論文を確認もしますが、一つのことを調べれば調べるほど、別の説も出てきます。もちろん、中身が誤っている物もありますが、条件や特定の状況ではどちらも正しい場合もあります。大切なことは、身体に負担が少なく、確実な方法を個々に合わせる形でトレーニングや食生活の改善を行うことが迷いが少なく、結果ダイエットの最短コースを進むことに繋がります。

リバウンドするごとに太りやすい体質に…

間違った方法でダイエットを行うことは、不健康なだけではありません。一度無理に痩せて、リバウンドをしてしまうと、ダイエット以前よりも太りやすい体質になってしまいます。
特に過度な食事制限や無理な糖質制限ダイエットは、筋肉量を減らしてしまい、その結果、脂肪が増えやすい体質へと変化していきます。

結論
ダイエットジムなら数多くの実績や経験を元にしたトレーナーのサポートにより健康的に確実に痩せていくことができる。

女性専用のダイエットジム(東京)

ダイエットジムには女性専用のジムが存在しています。男女共用のジムでは男性の目線が気になってしまったり、気後れしてしまう事もあるのではないでしょうか?

私が過去に通っていたジムでは『トレーナーまがいオジサン』という常連がおり、新規の女性会員に謎の積極的指導と筋肉自慢をする人がいました。ご本人に悪気はないかもしれませんが、ちょっと微妙ですよね。もちろん、度が過ぎればジム側も注意すると思いますが、常連さんなどですと微妙なラインは注意しにくいんですよね…。
新規の女性会員が入会してくると女性の近くのマシーンを使いつつ、ちょっと声をかけたり、フラフラと現れては時々アドバイスや謎のポージングを開始したりしていました。
体験入会のときなど、トレーナーさんが常に近くにいる時は近づかず慣れてきたときなどにアプローチをしており、彼だけが原因かは不明ですが退会してしまった女性会員もいました。

余談はさておき、女性専用のダイエットジムの特徴をあげてみましょう。

女性専用のダイエットジムの特徴

  • 女性のみが利用できる
  • トレーナーも女性のみのジムも
  • 女性の気になる部位(脚・太もも・ヒップ)などに特化したメニューがある
  • 豊富なアメニティなど嬉しい気配りがある
  • 食事指導などでトータルサポート

前出の『トレーナーまがいオジサン』は論外ですが、男性会員がいることでトラブルが起こってしまうこともあります。女性会員専用のダイエットジムであればそんな心配はありません。

前提として当サイトのダイエットジムの定義に沿った【食事指導まで含めたメニュー】のある【女性専用のジム】をご紹介します。ボリュームが非常に多くなるため、本記事では東京のみの記載とさせていただきます。(他地域の女性向けダイエットジムは他記事でご紹介します)

女性専用のダイエットジム(東京)価格比較表

各ジムの特徴や実績、料金などの詳細は次にご紹介しますが、まずは一覧を表にしました。
※しっかりと比較するために、時間を統一(60分単位)、2ヶ月コースを基本に、キャンペーン価格などは抜いて1回単位で記載します。

店舗名 URL プラン名 入会金 60分単価 立地(東京) 備考
CREBIQ http://crebiq.com/ スタンダードコース 50000円 9800円 表参道/恵比寿/銀座 管理栄養士が食事指導
B-CONCEPT http://b-concept.tokyo/ スタイル保証付 ボディメイクコース 50000円 9800円 渋谷/恵比寿/秋葉原/ +6ヶ月のスタイル保証期間
platinum body http://platinum-body.com/ 60日プラチナコース 46296円 12375円 自由が丘 遺伝子検査が付属
AGOS http://agos-training.com/ 短期集中3ヶ月コース 50000円 14500円 池袋 ※期日不明のリリース記念価格あり
MMM https://www.triple-m.jp/ 短期集中ダイエットコース(2ヶ月) 0円 14554円 六本木/南青山 パーソナルトレーニング45分×8回/セルライトケア40分×8回/ボディメイキングマッサージ100分×8回を60分単位に換算して算出
Aphrodite http://www.aphrodite-body.com/ 90日コース 30000円 15000円 六本木/恵比寿/麻布十番 遺伝子検査が付属。毎回のトレーニング後にコールドプレスジュース付き
Reborn Myself https://www.shapes-international.co.jp/ ダイエットコース 20000円 16500円 六本木/渋谷/新宿/池袋/吉祥寺/品川/北千住/上野/立川/自由が丘/町田/東京 対象価格はエリア1(東京など主要都市を参照)
アットスタイル http://www.atstylebody.jp/ ボディメイク&ダイエットコース65日 30000円 18525円 調布 マンツーマンで女性専属トレーナーが担当
RIZAP WOMAN https://rizap-women.jp/ 美ボディメイクコース 50000円 22350円 田園調布/自由が丘 30日返金保証
Lien http://www.lien-bodymake.com/ トータルボディメイクコース(全24回) 30000円 24450円 表参道 1回のトレーニングは20分と短時間